胎内高原ワイナリー / アッサンブラージュ・ルージュ 2016

tai019

胎内高原ワイナリー / アッサンブラージュ・ルージュ 2016 (tai019)

販売価格(税別)
¥2,000
在庫状態 : 在庫有り

胎内高原ワインに使用される葡萄畑の最大標高は約250mと高く、日光が良く当る南南西に面した急斜面を利用し、昼夜の温度差が出るような場所。太陽をいっぱい浴びた葡萄は成熟されるにしたがい果汁が濃縮され味わい深いワイン原料となります。胎内高原ワインに使用される葡萄の栽培面積は6.5haあり、国内有数のワイナリー畑に引けをとらない広大な面積を有し、土壌は赤土色の粘土質で水はけはやや悪いものの、斜度が25度もあるため水が溜まることはない。またこの土壌はメルロー種の生育には最適で、しっかりした味わいのワインができることから多くのワイナリーで使われています。 畑を代表する赤の2品種メルローとツヴァイゲルトレーベをブレンド(アッサンブラージュ)した、胎内高原ワインを象徴する自慢の赤ワイン。

売り切れ